書籍・雑誌

2012年9月24日 (月)

トッカン

7月クールのドラマで面白かったのが「トッカン 特別国税徴収官」shine

At1

原作本が読みたくなりました。

登場人物の個性豊かなところと、

主人公鈴宮(ぐー子)の感情と拘り執着心などを描いたところを、じっくりと読んでみたいbook

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

むかし僕が死んだ家

東野圭吾著『むかし僕が死んだ家』

H1

登場人物はたった2人だけ。途切れた記憶を取り戻すために、ある家へ行ってみる。だがそこは、時間が止まった状態の何か違和感のある家。伏線が多く、ワクワクしながら読み進められました。

ミステリー、面白いですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

ぴあ、最終号!

学生時代父に、下宿だと勉強をしなくなってしまうと、つまらない偏見で許してもらえず、学校まで片道約2時間強の通学時間を要していましたtraindash ま、5流大学、もともと勉強が出来ない学生の集まりで、勉強する学生はほとんどいませんでしたけどbomb

通学時の持ち物は、Madisonバッグ(歳バレバレ)の中に、会計士の参考書・ドイツ語の教科書と辞書、司馬遼太郎や赤川次郎の文庫本、そして「ぴあ」が。それらが長時間の通学時間のお供bookでした。

「ぴあ」と言えば、ライブや映画、さまざまなイベントの検索のため、毎号、隅から隅まで目を通していた雑誌でしたが、デジタル時代に39年間の歴史を閉じることになったようで、最終号を調達してきました。

Apia

最終号は、遥か遠い学生だった頃の特集もあって、昔を懐かしく眺めていますshine

古き良き時代の終わりを非常にさびしく感じますがcrying、テレビ放送同様、アナログが終息していく時期が到来したのでしょう~。

んーーー、小生にも青春があったようですbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

バッテリー

あさのあつこ著『バッテリー』

映画やテレビドラマにもなった人気の小説bookを今頃ですが期待して読んでみました。

Ab

この小説の特徴は、ドライな感覚を見せながら芯は熱くやわらかで瑞々しい部分を併せ持った主人公が魅力なんでしょう。ですが心理描写が多くて、とにかくダラダラと中身の無い会話で話が淡々と進んでいく展開が、どうしてこれが映像メディアにまでなった人気の小説なのか不思議なほどでした。が、続編が5編?出ていたことを知らずの個人的な感想ですsweat01

多数の方がオススメの著書と言っているのは、2作目以降にどんどん盛り上がっていく展開があるのでしょう。 1作目と同じ調子では困りますけどwobbly

著者やファンには大変失礼なことと思いますが、読書でこんな辛口の感想は、初めてですsign01

ごめんなさいconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

ポリス・コメディ!

『ボクの町』乃南アサ著

梅雨時なのにガチ暑の時期に、またもや読書book

500ページ超の長編を、、、、我ながら感心ですshine

Abokuno

高木巡査の新人警察官としての日常と葛藤と成長が描かれていました。

目標もない主人公が悩みながらも少しずつ成長していくので、主人公を後押ししたくなるような気持ちになります。

立場が違えど、誰にでも悩みがあるのだと、現実味を帯び親近感を感じ、主人公の破天荒さも笑え、とっても面白い作品です。

最後の展開で、もしかして恋heart02に発展していくの?ってとこも微笑ましく、若いっていいよね~なんて気分で読むことが出来ましたscissors

ちょっとしたことで悩み、ドツボにハマってしまった新人くん(さん)・青年達よ、ちょっと長いけど、この作品はススメですぞhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

「鳩笛草」宮部みゆき

久しぶりの読書ですbook

やっぱ宮部みゆきの著書は面白いshine

短編が3つで、どれも「超能力」をテーマにしていた。

Amiya1

映画「クロスファイア」の前編となる「燔祭」も収録してありました。

超能力を持つことで、孤独感や罪悪感と戦いながらその能力に苦悩し生きる、人間味のある描写がなんとも好きなんですshine

「朽ちてゆくまで」
麻生智子は予知能力者。8歳のときの事故で両親を亡くし、それまでの自分の記憶を無くしていた。同居していた祖母が亡くなり住まいを片付けていたときに出てきた、ビデオテープ。それには、自分がかつて予知能力を持っていた事実が収録されていて、両親が死んだのは自分が原因ではないかと悩む。

「燔祭」
青木淳子の能力はスゴイ。彼女は、念力で人や物体を発火させると言う念力放火能力(パイロキネシス)の能力者。自らを「装填された銃」にたとえ、妹を殺された多田一樹に代わり犯人に報復をすると言う。多田一樹は次第にこの能力に怯え、反対していくも。。。この短編は、「クロスファイア」の序章とも言える作品。

「鳩笛草」
本田貴子は、触れただけで人の心を読み取ることができる能力をもつ刑事。彼女はその能力を活かして、刑事になったが、急激にその能力が衰え、あわせて体調にも変化が。。。

 

ガチ暑い中でも、涼しくなるような人間味のあるサイキックな小説でしたscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

PUBLIC/IMAGE 3D

叙情マンガ家と称され独特の世界観を紡ぎ、2010年代を代表する漫画家「今日マチ子さん」の最新刊『COCOON』のポストカードとポスターが、池尻にあるPUBLIC/IMAGE.3Dにて販売されているらしく、出かける予定でしたが、

A3d

10/1(金)~11/3(水)新宿ルミネ2にてPUBLIC/IMAGE.3Dのポップアップショップがオープンしている情報を得て、池尻まで行くことなく新宿で目的のポストカードとポスターをゲットscissors

A3d1

ポストカードは『COCOON』書き下ろしのイラスト6種art

A3d2

ポスターは2種で、A4サイズの割りに、ちとお値段高めsweat01

さっそく、わが家のプチ画廊にアップしましたbleah

センネン画報のポストカード同様、毎日マチ子さんの絵に癒されていますshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

ちひろ美術館・東京

2年ぶりに、B2判サイズのartポスターを描こうと思って、、、、でも、なかなかアイディアが浮かばず、ヒントをもらいたくて、「ちひろ美術館」へtraindash

Atihi1

西武新宿線、初めての体験shine 一駅一駅が近くて、バス停感覚でしたbleah

Atihi2

上井草駅を降りて、徒歩約10分くらいで美術館に到着。

Atihi3

ちひろさんのご自宅だったところが美術館になっていました。

Atihi4

Atihi5

美術館の催事は、出版記念展「ちひろ・秋のいろどり」と企画展「2000年代の日本の絵本展2000-2009」

Atihi6

ちひろさんの素敵な原画がたくさん。そして、企画展の絵本原画も可愛いものから楽しいもの等たくさんあり、当館の美人学芸員さんheart04が、展示中の原画を1時間かけて解説してくれましたshine

ポスターのアイディアを探しに行ったのですが、夢中でたくさんの原画を見てたので、ポスターのことをすっかり忘れてしまってましたsweat01

Atihi7

夢中で絵画を見たせいか、お腹もペコペコ。帰路、上井草駅隣接のパン屋に、美味しそうなパンbreadがあったので即購入。

Atihi8

それは店長おススメ限定200個のプレミアムあんぱん(右)。

Atihi9

つぶあんとホイップクリームのコラボがベストマッチで美味しかったですhappy01

Atihi10

やっぱり花より団子sweat01ちひろ美術館・東京、素敵な美術館でした。今度は安曇野ちひろ美術館へ行ってみたいです。

北アルプスを望む美術館へ、行ってみませんかscissors

その前に、ポスターどうしよう~bombannoy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

大人買い

先日の水戸芸での「新次元」展示会に感化され、お気に入りの「今日マチ子さん」の本bookを、大人買いしてしまいました。

Akyo1

地元のド田舎にある本屋には売ってないし、都会に出ても大型の本屋にも品薄状態だったため、まとめてドカッとsign01

Akyo2

bookみかこさんonetwo 講談社

bookセンネン画報onetwo 太田出版

bookミドリさん PHP研究所

bookセキ・ララ中学受験 みくに出版

bookCOCOON 秋田書店

book100番めの羊 廣済堂出版

book七夕委員 星に願いを篇 河出書房新社

さてと、どれから読もうかな~lovely

そして、かわいいイラストが描けるように、これらの本で勉強しよっと。

つか、この歳じゃ、遅いねannoy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

今日マチ子さん

今日マチ子さんを応援してますsign01

センネン画報からファンですheart04  マチ子さんの癒しの漫画・イラストにホshine

<今日マチ子さんについて>
漫画家、イラストレーター。1980年8月20日生まれ、東京都出身。
女子学院中・高等学校を経て東京藝術大学美術学部卒。セツ・モードセミナー卒。
2000~2004年 ミニコミ『Juicy Fruits』を発行し注目を集める。
2005年「ほぼ日マンガ大賞」入賞、
2006年、2007年文化庁メディア芸術祭「審査委員会推薦作品」を2年連続で受賞。
無類の猫好き。

先月末、有隣堂アトレ恵比寿店でサイン会があったのですが、残念ながら行くことができませんでしたsad

Mk

これから、とっても楽しみですlovelygood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧